読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチングのとびら

読書

コーチングのとびら―伸びる部下は上司がつくる

コーチングのとびら―伸びる部下は上司がつくる

この本を表している部分

(この本の最も重要なページを数ページ書く)
コーチングとは、コミュニケーションをとして相手の目標達成を支援するもの。
カウンセリングは、過去・感情に焦点をあてている。コーチングは、未来・行動に焦点をあてている。
傾聴→受容→質問→自発性を促す。
承認とは、相手の良いところを見て、言葉に出して伝えること。
質問をして相手に考えさせることによって、言ってもなかなか行動を起こさない相手が自発的になっていく。

アクションプラン

(この本から何かアクションするべきことがあれば書く)
・人を受け入れる雰囲気を身に着ける。
・コミュニケーションは絶対的に量をとる。(量質転嫁)
・相手を知る(何によって動機付けされるか?何が得意か?マネジメントモデルでいうと何に該当するか?)
・傾聴→相手の話を否定せずに最後までじっくり聞く
・受容→心のあり方が大事。相手がそう思ったことを大事にして聞く。
・質問→相手の意欲や自発的な行動を促進していく方向に焦点をあてて質問をする。ピグマリオン効果で接する。
・結果承認(相手が成果を上げた際に承認する
・存在承認(相手の存在を肯定的に認める。結果を出していない相手にも出来る。相手の存在を気に掛ける姿勢
・承認+改善提案
・1日の業務内容と行動目標を質問で明確する。
・答えられやすい質問からなげていく(限定質問)、そのあと、事実を訪ねる拡大質問をしていく。そして相手の考えを尋ねる拡大質問をしていく。

感想

テクニックはいろいろあるが、人としての在り方が大事。