読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資信託参考になるページ

投資信託

勉強

歴史

200004 個別元本方式に移行
200701 投資信託保管振替制度開始
200901 みなし譲渡所得に移行
201301 NISA制度開始
201412 トータルリターン通知制度開始
201601 ジュニアNISA制度開始

1日の流れ

15:00 投資信託の申込締切
17:00 概算口数の連絡(販売会社から委託会社への報告)*外国籍投信の場合は、販社→トランスファーエージェント→委託会社

18:00 委託会社から販売会社へ基準価額の連絡をする。(信託銀行も称号の意味で計算をし照合する)
   投資信託協会へ連絡をし、
   投信会社は公販ネットワーク(BP-NET,FundWeb,)を使用し、各社へ基準価額の連絡・分配金の連絡を実施する。

09:00 最終的な口数を販売会社が委託会社へ連絡する。

T + 3 受渡・決済
   信託会社と証券会社・銀行との間で証券の受渡と資金の決済を行う。

http://fis.nri.co.jp/ja-JP/service/list/F-J/FundWeb_GAITO.html
https://www.mizuho.lu/web/guest/ja/products/fund/transferagent

投信QA

投資信託

「買取」と「解約」について

投資信託を売却する際の方式に「買取」と「解約」の2つの方法が存在する。
結論から述べるが、税務上の違いから区別があったが2009年1月からは税務上の違いはなく「みなし譲渡」となっている。
以下に詳細を述べる。
「買取」の場合は、販売会社が買取を実施するため譲渡所得として扱われていた。
「解約」の場合は、配当所得として扱われていた。

  • オープンエンド

Open-End Fund Definition | Investopedia

基準価額 - 信託財産留保額

  • 売却
  • 乗り換え
  • 償還
  • 口座移管
  • 個別元本 → 自分が持っている投資信託の値段

個別元本と取得価額 〜 インフォバンク マネー百科
約定日基準 | PwCあらた監査法人

  • 取得単価 → 取得単価は個別元本にファンド購入時の手数料を加えたもの
  • 評価額  → 個別元本に口数をかけたもの
  • 評価損益 → (基準価格-個別元本)*口数
  • 解約
  • 買取
  • 平均取得単価 → 投資信託を取得するにあたりかかった代金(手数料も含まれる)/口数
  • 全解約
  • 一部解約
  • 勘定設置機関 →非課税口座の開設可能期間のこと。(1)2014年~2017年、(2)2018年~2021年、(3)2022年~2023年とあり、それぞれ住民票を提出しなければならない。
  • 約定基準 → 取引成立認識日の種類の1つ。約定日をもって売買を認識すること。

約定日基準 | PwCあらた監査法人

投信が国が承認制から届け出制にしてから、ファンド情報を開示させるために作った

税金で参考になったサイト一覧

投資信託 金融・税

金融機関のページ

書籍

平成27年度版 税金の知識

平成27年度版 税金の知識

NISAで参考になったサイト一覧

投資信託

投資信託参考になる本

投資信託 読書

証券市場の電子化のすべて

証券市場の電子化のすべて

株券電子化―その実務と移行のすべて

株券電子化―その実務と移行のすべて

ファンドマネジメントのすべて―資産運用会社の経営と実務

ファンドマネジメントのすべて―資産運用会社の経営と実務

プロフェッショナル投資信託実務

プロフェッショナル投資信託実務

ファンドマネジメントの新しい展開

ファンドマネジメントの新しい展開

ファンドマネジメント大全

ファンドマネジメント大全

  • 作者: 三好秀和,樗沢弘,古徳佳枝,浅田恭代,福田理弘,堀井正孝,内田修一,鮎川哲史,志馬祥紀,白木信一郎,浅川博人,光定洋介,中神康議,茶木正安,砺波元,永野泰弘,吉山万智子,栃尾浩隆,松尾琢己,高谷哲司,小西克廣,中河昭,井口広志,矢野朝水,鹿子智朗,大野寿隆,高橋肇,中島真志,平泰良,齋藤恒彦,和田渉,岩田宜子,清水英司,平康慶浩
  • 出版社/メーカー: 同友館
  • 発売日: 2013/12/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
マンガでまるっとわかる!  投資信託の教科書 カラー版

マンガでまるっとわかる! 投資信託の教科書 カラー版

外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏

外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏

国内債券アクティブ

投資信託

セクター・ローテーション(債券種別選択)戦略
債券は国債、地方債、社債などの複数のセクター(種別)に分類されます。相対的に高いリターンが期待されるセクターへの投資比率をベンチマークよりも高め、相対的に低いリターンしか見込めないセクターへの投資比率を低めることにより、超過収益の獲得を目指す戦略です。

投資信託選びで一番知りたいこと

投資信託 読書

投資をどのようにしていけばよいのか、どのように商品を選択すればよいかについて一通りのことが書かれている。

1.そもそも何を目的に投資をするのか?
いつまでに、なんのために、どれだけお金が必要なのかを、まず考える。
お金を2倍にしたいとかではなく、ゴールのイベントから逆算を行う。
2.投資に使用できる余剰資産の計算と理想的な利率の計算
現在の預貯金、いざという時のお金(月収*12)を考え、投資に回せる資金を計算する。
その資金に、自分が毎月投資できる試験を投資資産と考え、どれだけの利率で資産を増やしていけばよいのかを計算する。
3.商品の理解と選択