読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redmine

ミドルウェア

ガントチャートでスケジュール管理が行えるソフト
インストール — Redmine.JP

CVSへのプロジェクトの取込方法

ミドルウェア

プロジェクトエクスプローラーから、チーム共用で取得する。

さくらレンタルサーバーにCVSを構築する方法

ミドルウェア

この手順通りにやれば10minで構築可能

目次
1.参考にしたサイト
2.CVSとは?
3.インストール方法
4.環境設定
5.Eclipseで接続

1. 参考にしたサイト
↓1番目が非常に参考になる。
多人数での開発環境構築(CVSサーバー構築) - へっぽこSEブログ
http://works.nri.co.jp/service/pdf/cvs_redhat.pdf


2.CVSとは?

3. インストール方法
cvsとxinetdを、インストールする。
xinetd - システム管理コマンドの説明 - Linux コマンド集 一覧表
自分の場合は、すでにインストールされているのでversionの確認

[appadm@localhost ~]$ rpm -q cvs
cvs-1.11.22-11.el5_8.1
[appadm@localhost ~]$ rpm -q xinetd
xinetd-2.3.14-17.el5
yum -y install xinetd #なければ導入する

4.環境設定
CVS用ディテクトリ作成

mkdir /home/appadm/cvs

CVSリポジトリ新規作成

sudo cvs -d /home/appadm/cvs/cvsroot init

xinetd経由でCVSサーバーを起動するための設定

sudo vi /etc/xinetd.d/cvs
service cvspserver
{
disable = no
port = 2401
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
passenv = PATH
server = /usr/bin/cvs
env = HOME=/home/appadm/cvs
server_args = -f --allow-root=/home/appadm/cvs/cvsroot pserver
# bind 127.0.0.1
}

xinetd再起動(設定を読みこませる)

sudo /etc/init.d/xinetd restart

ログインユーザ作成

既存ユーザで対応

フォルダに権限付与

sudo chown -R ユーザ名.グループ名 /home/appadm/cvs/cvsroot


さくらでの構築メモ
1.server_args = -f -allow-root=/home/appadm/cvs/cvsroot pserver
の-allowが?allowになっていた。
2.-allow-rootは、--allow-rootにするべきらしい。
でないと↓のエラーが出る
入出力例外が発生しました: 接続が拒否されました: cvs: invalid option -- 'l'
接続が拒否されました: cvs: invalid option -- 'l'

とりあえずつながった。
http://www.linuxquestions.org/questions/linux-software-2/connection-problems-with-cvs-on-red-hat-9-a-395289/